マフェトン理論

数年前、ウエルネスと統合する前のワールドトレーニングセンターというジムで会員さん同士がマフェトン理論について話していたことを思い出したので、かるく触れてみたいと思います。

ウィキペディアによると、マフェトン理論(The Theory of Dr. Phillip Maffetone)とは、フィリップ・マフェトン博士が提唱する、マラソンやトライアスロンなどの持久力スポーツのトレーニング方法で、有酸素運動(ペース走)の運動強度を明確に示したのが最大の特長。有酸素運動の比重を無酸素運動よりも大きくとると書いてあるのですが…、なんだかよくわかりません。マラソンでは有酸素運動がペース走、無酸素運動がスピード練習にあたるということだそうです。うーん…、やっぱりよくわかりませんね。

他の文献などを見てみると、競技成績の向上と健康を両立させるにはどうすればよいかを考えて編み出されたのがこの理論だそうです。この理論の主な判断基準は以下のようになっています。

  • エアロビックトレーニングの180公式
    心拍数が「170/180-年齢」に収まるようにする。
  • MAFテスト(ジョギングペースのテスト)
    180公式の心拍数にて、決められたコースのタイム計測のこと。距離としては、1600m(1マイル)くらいで行う。このタイムを記録することで、練習の成果と推移を判定する。
  • オーバートレーニング
    安静時心拍数が普段より5~6以上高ければ、オーバートレーニングと判断する。

マフェトン理論は上記のとおり、陸上競技などの持久力スポーツにおけるトレーニング理論ですが、ダイエットを目的としたトレーニングにも180公式は適用できるのじゃないかと思います。オーバートレーニングに関しては、どのスポーツにも言えることだと思いますので、理論も伊達じゃないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アクセスカウント

  • 1今日の訪問者数:
  • 2昨日の訪問者数:
  • 1716総訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 11昨日の閲覧数:
  • 3925総閲覧数:
  • 2014年8月13日カウント開始日:
Top   プロフィール  PR:無料HP  宮崎シーサイドモータースクール  お見合い結婚  カー用品の専門店  中古ホイール 神奈川  タイヤ マーチ 激安  環境問題 専門学校  クルマパーツ  加南加賀自動車学校  金運アップの天然石  広島 合宿免許  音楽 専門学校 福岡  タイヤ 取り付け 浜松  名簿販売